徹底解説!サッカーのコーチとしてキャリアを積む方法

多くの人が、サッカーのコーチになりたいと思っていますが、誰もがなれるわけではありません。実際のところ、良いコーチになるのは見かけほど簡単なことではありません。良いコーチには試合に関する膨大な知識と、選手全員のやる気を高める人間性が求められます。

優れたスキルを持たず、コーチ経験もない人はコーチを生業にするのは難しいかもしれません。しかし十分な覚悟があれば、不可能なことではありません。スキルを磨き、試合を研究し、人とのネットワークを築いていくことで、サッカーのコーチになるために必要な土台を築くことができます。以下にサッカーのコーチとしてキャリアを積む方法をご紹介していきます。

学校で教え始める

まずは役所などに連絡を取り、学校でのコーチングを始めるために必要な資格や認定書などを調べましょう。

資格や必要書類は、応急処置講習会への参加証明書、公認スポーツ指導者資格、学位証明書など、地域によって異なる場合があることを頭に入れておきましょう。

また、コーチの空きがあるクラブを探してみるのも良いでしょう。ボランティア、選手、保護者としてなど、クラブと何らかの形でしばらく関わってからコーチになるのが一般的です。

サッカーの練習をする

クラブが見つかったら、登録してサッカーのプレイを始めましょう。これはスキルを磨き、試合に慣れるのにとても良い方法です。

コーチングコースに登録する

指導者としてスキルを伸ばすための最も手っ取り早い方法は、数あるコーチングコースのどれかに参加することです。プロのコーチになりたい場合は、特別な指導ライセンスを取得する必要があります。

高校のフットボールコーチになるのも一つの手でしょう。多くの学校はフルタイムのコーチを雇うだけの予算がないため収入はあまり期待できません。既にコーチングの資格を持っているなら、別の仕事を続けながらコーチになるという方法もあります。大学在学中には、スポーツサイエンスと体育の授業に注力すると良いでしょう。そこで学び得た知識はコーチになるにあたって役に立ちます。

地元のコーチ職を探す

インターネットを使って地元のコーチ職を探してみましょう。青少年相手のコーチ職の募集は多数あります。後に、よりレベルの高い教育機関等でのコーチ職に就けるように、多くの経験を積みましょう。ただし、子どもたちへの指導と大人への指導は大きく異なるので注意が必要です。

多くの低年齢向けチームでは、高校や大学と違ってサッカーのコーチとしての経験は求められません。フィジカルフィットネスや子ども相手の仕事に就ければ、後にサッカーのコーチとしての職を得るのに役立ちます。

また、ボランティアやアシスタントコーチも忘れてはいけません。有給のヘッドコーチ職が見つからなければ、ボランティアから始めるのも良い方法です。